賢い家造り

木造住宅の寿命は?

こんにちは。
サンコーホームの高村です。

住宅選びを始めると、家の構造(工法)について考えることになります。
やはりそこで気になるのは、日本の住宅の半分以上を占める木造住宅についてですよね。

住宅寿命が30年と言われているようですが、実はそれ・・・・半分正解で半分間違いなんです。

一体どういう事かと言うと、寿命の前に取り壊されてしまうことが多いのです。

寿命の前に取り壊しされてしまう原因としては、リフォームよりも建替えが選ばれてしまうことが挙げられます。

住宅に使用されているほとんどの設備や仕上げ材は、築30年ほどで寿命を迎えます。

住宅のメンテナンスに無関心な方であっても、不便な点がでてきたり、リフォームや修繕を考え始めるのがこの時期です。

しかし、何十年もメンテナンスに無関心でいた方が、リフォームを検討しても、思い通りのリフォームができないこともあります。

修繕をすることで、修繕箇所に接している部分や構造的につながっている部分など、広い範囲に影響が出てしまうからです。
結果的に、想定以上の多額の修繕費用が必要になってしまうことがあります。

お金を掛ければ修繕をすることは可能です。
しかし、目に見えない所に大金をつぎ込むとなると、多くの方が尻込みされます。
また、必要な修繕部分が増えていけば、工事費も上がっていきます。

そうなると、まだ直せば住める住宅であっても「もう建て替えた方がいいかもしれない」という気持ちが強くなり、建替えという選択肢につながるのです。

また、家を建ててから何十年と経てば、家族の形態も変化していきます。
35歳に家を建てた計算ですと築30年のころには65歳。
老後の暮らしやすさを考えると、段差の解消や水廻りの位置を変更することなどリフォームを検討される時期となります。
しかし、いざリフォームを行うとしても、配管の問題などで水廻りを移動できなかったり、取り除くことができない構造体が邪魔になったりといった問題が起こります。

この場合も金を投じればリフォームは可能なのですが、どうせお金をかけるならもっと住みやすい家にしたいと思う方がほとんどです。

そうした事により、寿命を迎えていない住宅でも取り壊してしまうことが多いのです。

前置きが長くなりましたが、木造住宅の寿命はいったい何年なのかですが、
木造住宅の本来の寿命は約80年です。
約80年という数字は、骨組み、軸組、基礎に使われる木材の耐久年数から算出しています。
適切に乾燥が保たれて、木材に腐食の被害がなければ、木造住宅は80年以上経っても住むことができます。

長く住むためには定期的なメンテナンスや構造体の点検が必要となります。

サンコーホームでは定期的に点検に伺います。
その都度、必要なメンテナンスを行って頂くと最長60年の保証になります。

点検の内容や保証体制についてはLINE@から質問いただくか、展示場へご来場ください。

展示場情報

友だち追加

ピックアップ記事

  1. これから家を建てるあなたへ失敗しない家づくり
  2. 住宅ローンのあれこれ
  3. なぜ地震で家は潰れるのか

関連記事

  1. 地震への備え

    耐震基準について

    こんにちは。サンコーホームの高村です。今回は耐震基準についてお伝え…

  2. 賢い家造り

    家を建てる前に知っておきたいお金の話 -3- ~住宅取得等資金贈与の特例~

    【消費税が10%に上がる前に家を建てない方が良い人もいる】平成…

  3. 賢い家造り

    失敗しない家づくり②

    こんにちは。サンコーホームスタッフの若杉です。9月になりました…

  4. 賢い家造り

    これから家を建てるあなたへ失敗しない家づくり

    サンコーホーム 林です。家づくりの落とし穴。Aさん中小…

  5. 未分類

    失敗しない家づくり

    こんにちは、サンコーホームスタッフの若杉です。あっという間に8…

  6. 地震への備え

    新築住宅購入にあたり気になる性能とは・・・①

    繰り返し起こる余震にも耐える耐震性能ここ数年、日本では地震が頻…

おすすめ記事

最近の記事

  1. BROOKLYN STYLEの家 堂々完成!
  2. 命の質を高める住環境作り
  3. 台風対策。
  4. 分譲住宅購入の基本
  5. 建売物件の仕様について☆
  1. 住宅ローンの話

    住宅ローンのあれこれ
  2. お施主さまの声

    ちょうどいい距離感の二世帯住宅になりました – Hさま邸
  3. 未分類

    ☆お客様の声☆
  4. 地震への備え

    新築住宅購入にあたり気になる性能とは・・・①
  5. 住宅ローンの話

    住宅購入資金とライフプラン
PAGE TOP